お家で簡単!原木しいたけ栽培~駒うち体験キット /原木しいたけ栽培に挑戦してみよう♪

¥ 1,980

SOLD OUT
通報する

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパック(無料)

    ゆうびんレターパックでお届けします。送料は無料です。

    全国一律 0円
  • ヤマト運輸

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 2,024円
    • 東北

      • 青森県 1,474円
      • 岩手県 1,474円
      • 宮城県 1,474円
      • 秋田県 1,474円
      • 山形県 1,474円
      • 福島県 1,474円
    • 関東

      • 茨城県 1,144円
      • 栃木県 1,144円
      • 群馬県 1,144円
      • 埼玉県 1,144円
      • 千葉県 1,144円
      • 東京都 1,144円
      • 神奈川県 1,144円
      • 山梨県 1,144円
    • 信越

      • 新潟県 1,254円
      • 長野県 1,254円
    • 北陸

      • 富山県 1,034円
      • 石川県 1,034円
      • 福井県 1,034円
    • 東海

      • 岐阜県 1,034円
      • 静岡県 1,034円
      • 愛知県 1,034円
      • 三重県 1,034円
    • 近畿

      • 滋賀県 924円
      • 京都府 924円
      • 大阪府 924円
      • 兵庫県 924円
      • 奈良県 924円
      • 和歌山県 924円
    • 中国

      • 鳥取県 814円
      • 島根県 814円
      • 岡山県 814円
      • 広島県 814円
      • 山口県 814円
    • 四国

      • 徳島県 924円
      • 香川県 924円
      • 愛媛県 924円
      • 高知県 924円
    • 九州

      • 福岡県 704円
      • 佐賀県 704円
      • 長崎県 704円
      • 熊本県 704円
      • 大分県 704円
      • 宮崎県 704円
      • 鹿児島県 704円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,254円

【お家で簡単!駒うち体験キット /原木しいたけ栽培に挑戦してみよう♪】

日本で2番目の原木しいたけ生産量を誇る宮崎県で、3代続く原木しいたけ農家が監修した、お家で簡単に原木しいたけ栽培に挑戦できる、駒うち(植菌)体験キットです。

生産者の減少により、今や希少になった国産の原木しいたけ。
その味わいは肉厚で木の香りがたっぷりの濃厚な味わい。しいたけ本来の本物の味を楽しめます。普段スーパーで買う菌床しいたけしか食べたことない人は、その違いにびっくりするかも?

原木しいたけ生産者が減った理由の一つに、その栽培方法がとっても難しいから。
熟練の技術や知識が無いと、美味しい原木しいたけは収穫できません。
このセットはその技術と知識を基に、誰でも簡単に原木しいたけ生産体験ができるキットになっています♪
*注 生産環境によりしいたけ菌が弱まる場合もあります。必ずしも収穫を約束できるキットではありません。あくまでも「生産を体験する」キットです。

秋に伐り出したクヌギやナラの木(木が冬眠する直前に伐採し、3か月山の中で葉枯らしした、養分たっぷりの原木)、椎茸の種駒(しいたけ菌が付いた種)、半年間寝かせるための日陰セット(黒いシート&輪ゴム)、この3つのセットで簡単にご家庭で、お子様でも原木しいたけ生産体験が楽しめます。

☆YOUTUBEチャンネル「原木しいたけオーナー制度」で駒うち体験キット~説明動画配信中!
https://youtu.be/TXb77U920ww

≪セット内容≫
①原木(クヌギorナラ・約20㎝×2本)
②種駒(しいたけ菌が付いた種×20個)
③日陰セット(黒いシート×2枚・輪ゴム×4個)
④駒うちキット説明書

≪駒うち体験~簡単手順~≫
【その1 駒うち作業 / 原木の穴に駒を押し込む】
原木の空いた穴に、種駒を指で押し込みます(子どもでも簡単に押し込めます)。原木1本につき10か所×2本=計20か所の穴に種駒を押し込んで下さい。

・【その2 しいたけ菌の栄養補給 / 種駒を押し込んだ原木を水に24時間浸水する】
種駒を全て押し込んだら、24時間水に浸水させて下さい。バケツや洗面器、原木が水に浸かれば容器はなんでもOK。たっぷり水分補給してあげましょう♪

【その3 しいたけ菌の活着作業 / しいたけ菌が水から上げた原木に、日陰セットを巻く】
24時間浸水したら原木を水から上げ、日陰セットの黒いシートを原木に巻き付けて下さい。輪ゴムで2か所留めます。その上からラップを巻きます(家庭で使うサランラップでOK。保湿ができればなんでもOK)。そのまま1週間室内or室外の温かい場所で寝かせます(外の直射日光は厳禁!室内の冷暖房で乾燥する場所も避けましょう)。乾燥し過ぎない温かく湿った環境だと、しいたけ菌が早く原木に活着します。原木が乾きすぎる時はラップを外し、適宜水をかけて原木を湿らせましょう。1時間程度浸水させてもOK。(水を撒いた後はラップを必ず撒いて保湿しましょう)

【その4 しいたけ菌を原木の中で伸ばす作業 /原木を秋(10月)まで寝かせます】
1週間ラップを巻いて寝かせたら、ラップを外し、日陰セットを巻いた状態に戻します。
屋外の直射日光の当たらない、風通しの良い場所に立てかけて、秋(10月)まで寝かせます。理想の寝かせる場所は、
①直射日光が当たらず、でも日光の光は届く場所。
②湿り気があり、雨が当たる場所。
③風通しが良く、でも乾燥し過ぎない場所。
ととても難しいのですが、これに近い場所を探して挑戦してみて下さい。ベランダの物陰に立てかけて、様子を見るのも良いかもしれません。

【その5 収穫に向けた発生刺激作業 /10月になったら浸水&打撃で刺激を与えよう!】
気温が下がる9月下旬~10月上旬になったら椎茸が発生してきます(10月上旬でも高温の場合は中旬頃)。そうするとしいたけ菌は刺激を与えられると身の危険を感じ、椎茸を発生させようとします。その習性を利用したものが発生刺激作業です。日陰セットの黒いシートを剥がし、まずはたっぷり24時間同じように浸水させましょう。そして水から上げたら、トントンとハンマーや石で原木を叩いてみましょう(原木の樹皮が剥がれないように気を付けましょう)。気温がぐっと下がった時に行うとより効果的です。

【その6 いよいよ収穫!】
気温が下がり最低気温が10℃になる頃(9月末から10月上旬)…
いよいよ待ちに待った収穫です!小さな芽が樹皮を突き破ってきたらその合図。原木が倒れないような場所に置き、じっくり成長を見守りましょう。乾燥し過ぎると成長が止まりますので、適度な湿度と温度がある場所がおススメです。

*30度以上の高温になるとしいたけ菌は死滅します。
*乾燥のし過ぎ、日光の当たり過ぎ、湿気が多すぎる等で、しいたけ以外の雑菌が発生する場合があります。

≪収穫まではとっても大変で難しい…かも?≫
もしかしたら高温になり過ぎてしいたけ菌が死滅して収穫できないかもしれない。
もしかしたら雑菌が付きすぎて収穫できないかもしれない。
でも、収穫できた時の喜びはその分沢山あります!
自分が駒うちした原木から採れる椎茸を食べる時の美味しさといったら、それはそれは格別です。これまで山(産地)まで来ないと出来なかった駒うち体験。
都会のご自宅でもご気軽に体験頂き、原木しいたけ生産の大変さと、嬉しさと、美味しさに触れて頂き、もっともっと原木しいたけを好きになって頂けたらと思います。